先頭に戻る

互楽とは

互楽「相互扶助」の精神で楽しく働く!!

~ 障害のあるなしに関わらず、助け合って楽しく働くこと ~

共働・共生

障害があってもなくても、生まれた地域で働き、暮らしていけたら・・・「互楽=ごらく」は、 狭義の「福祉」ではなく、障害者の労働参加を目的とし、相互扶助の「互」と、障害のある人もない人も助け合い、「楽」しく働くから名づけました。

「共生」は自然環境においても重要なキーワードです。 自然の恵みと人々の営みが稲を実らせ、生きる糧を与え、豊かな時間を私達に与えてくれます。人が自然と向き合う中で培ってきたもの、人と人が助け合い暮らしていく大切なものを、自分たちの小さな職場や生活する町、農村での農業の中から見つけていきたい・・・

設立趣意書特定非営利活動法人 互楽会

このたび「特定非営利活動法人互楽会」を設立しようとする私たちは、障害のある人が地域で働き暮らすことを目的に、 また広くは共生の社会をめざし、相互扶助の精神を大切に、障害のある人とない人が共に働く場を運営してきた。 障害者の労働参加を第一目的に、そして経済的自立を実現するために「共働事業所」として新しい働き方を実践する場である。

障害者が労働参加するには個人ごとの能力を基本として支援を考えるのではなく、いかに個人が生かされる人的環境、集団づくりができるかが重要である。障害の種別、程度、あるなしに関わらず、 同時に様々な能力、個性ある人たちが、 同じ社会的目的を共有し、協力して働く (介助も内包している) ことで経済的にも自立していく、これが私たちの「共働事業所」である。・・・

特定非営利活動法人 互楽会

〒547-0041

大阪市平野区平野北2-12-6

TEL :06-6796-4884

FAX :06-6796-0004

MAIL:goraku-commons@nifty.com